スマートフォンサイト

最初の壁!?鬼門のハンドツール

2017年10月14日更新
最初の壁!?鬼門のハンドツール

 ここまで快調にとばしてきた半澤さんですが、最初の壁にぶちあたったようです。

20171020111635.JPG

 今日まで1cmのへこみをデントリペアのプッシュツールで押し出して直す練習をしてきました。

 プッシュツールで押す分には問題なく直せるようになりました。

 そこで、ハンドツールに替えて同じ1㎝のヘコミ修理にチャレンジです。

 

 すると、、、。

 今まで出来てた事が出来なくなってしまいました。

 なぜでしょう。

 デントリペアとは本当に繊細な技術で少しでも条件が変わると出来なくなってしまうのです。

 

20171020111636.JPG

 今までは練習会場を5階にしておりましたが、今日から6階に変更して先輩たちに混ざって練習してもらってます。

  ただ一人で鉄板に向き合うだけではなく、先輩たちの仕事ぶりを見学するのも大変勉強になります。

 

20171020111638.JPG

 ここはヘコミ救急隊の板橋工場で7月に降ったひょう害車を専門に直すデントリペア工場です。

 こんな場所で、研修を受けられる半澤さんはかなりラッキーです。

 というのは、デントリペア業者は常日頃から一人で作業して一人で行動するのでどうしても技術が自己流になりがちです。

 すると新しい技術や修理に対する考え方などが発展していく機会が非常に少なくなってしまいます。

 ここひょう害現場では世界中から沢山の職人が集まって来て、様々な技術でへこみを直します。

 そんないろんな職人さんの技術をスタートから見れるのはとてもラッキーな事だと思います。

 

20171020111632.JPG

 実は隊長の僕は釣りが趣味でして。

 昨晩、シーバス(スズキ)を釣ってまいりました。

 

20171020111633.JPG

 今日のお昼ごはんはそのシーバスをさばいてスズキ丼です。

20171020111634.JPG

 我ながらきれいにさばけました。

 ネタがとても新鮮なので、めちゃくちゃおいしかったです。

 

 さて明日からも頑張りましょう。

 

 ヘコミ救急隊 隊長 石原潤一

 

 

 

 

 


快調なスタート

2017年10月13日更新
快調なスタート

半澤さんのスクールがスタートして今日で3日目です。
初めての体験ばかりで少し戸惑いもあるようですが、一生懸命取り組んでいます。技術研修でははじめボンネットフードのパネルを使ってペンで印をつけた点を裏から突くことから練習します。彼もこの2日間、ひたすら点突きを練習してきましたがもうこの過程は習得できたようです。
今日はいよいよ次の課題である、実際のへこみを押す練習に進んでいます。なかなか快調な滑り出しですね。

20171014154320.JPG

実際にへこみを押して直すのはこれまでの点押しと違って、目標の場所を突くのが断然難しくなります。多くの生徒はここで先ず壁に当たるのですが、半澤さんはどうでしょう。今まで以上に集中してツールの先を追います。

20171014154321.JPG

かなり集中力を使うのではじめのうちはかなり疲れるはずですが、ほとんど休むこと無く施工を続けています。真面目な正確が伺えます。がんばれー!

するとどうでしょう、へこみの大きさはまだ5mm〜10mm程度ですが、もう少しで直せそうです。とってもスジがいいですね。この調子でどんどんチャレンジしましょう。

 

20171014154322.JPG

お昼は、今回スクールの会場となっているヘコミ救急隊板橋工場のみんなと一緒にお弁当ランチを頂きます。
まだまだ固いですが、みんな気さくな職人達ですので、気兼ねなく話をしたり質問したりしてコミュニケーションをとって仲良くなるといいですね。

佐竹


半澤さんのデントリペアスクールがスタート!

2017年10月09日更新
半澤さんのデントリペアスクールがスタート!

 この度、ヘコミ救急隊に新しい仲間が加わりました。

 半澤宏晃さんです。

 もともとは福島県で自動車の整備の仕事をしていましたが

 長年の夢だった独立開業にいよいよ大きな一歩を踏み出しました。

 

 先週は奥様もここ板橋工場とこれから住むレオパレスを下見と引っ越しの準備に

 来られておりました。

 関東に住むのは初めてらしく、ドキドキのようです。

 これから7週間のヘイルマンコースがスタートします。

20171009112026.JPG

 まずはじめに工具の仕分けからです。

 あまりにも沢山あるので、戸惑っている様子です。

20171009112027.JPG

 工具1本1本をスケッチしながら形を覚えてもらうところからのスタートです。

20171009112028.JPG

 そして、工具の整理が終わったら点押しの練習からスタートです。

 半澤「思っていたよりも全然難しいです!」

 とちょっと焦り気味です。

 マジックで書いた2mmくらいの点のド真ん中を出っ張らせるという練習です。

 

 これがデントリペアの基本中の基本でこれが出来ないと先に行けません。

 これがデント屋さんが経験する一番初めの試練でしょう。

 なかには毎日点押しの練習に耐えきれなくてちょっとおかしくなってしまう人もいます。

 この少林寺でいう雑巾がけのような反復練習が、自分の未来の何に繋がっているのか

 感じにくいからでしょう。

 

 大丈夫、通常点押しが完璧に出来るようになるまで毎日8時間練習して1週間近く

 かかるので、今始めたばかりなので焦る事はないですよ。

 

 さて、半澤さんの独立開業物語のはじまりはじまりです~。

 

 ヘコミ救急隊 石原潤一


技術研修最終日。

2017年05月24日更新
技術研修最終日。

今日はいよいよ技術研修の最終日です。

この最終日には、集大成となる技術検定試験を行います。これは研修を終えた生徒が、ヘコミ救急隊の隊員としてふさわしい技術力を身に着けたかを認定するための試験です。
試験内容は、練習車両を使って10ヶ所のへこみを作ります。大きさは様々です。これを制限時間3時間で修理し、その仕上がり具合を採点します。そして、総合的に所定の合格点に達しているかを判定するのです。

20170526084400.JPG

さて、夛田君はどうでしょうか。今日までの研修内容、取り組みを見てきていると順調に技術を習得してきていることは間違いありません。模擬試験の結果も問題ないので、あとは落ち着いて試験に望めば大丈夫なはずです。

20170526084721.JPG

さあ、夛田君のチャレンジが始まります。果たして力を出し切ることができるでしょうか。

20170526085800.JPG

全部で10ヶ所を3時間で修理するので、単純計算で1ヶ所あたり18分で修理しなければいけません。研修生にとっては決して余裕のある時間では無いはずです。集中して確実に作業をしていかないと最後まで終わらないこともあります。

20170526085801.JPG

へこみ大きさは1〜3cmぐらいで、各パネル全般にあります。

20170526085802.JPG

私も作業の様子を見守っていますが、本人以上に緊張しています。夛田君の技術力はよく分かっているつもりですが、やっぱり心配です。

20170526090550.JPG

20170526090551.JPG

 

果たして結果は…

 

20170527090034.JPG 

合格!!

やりました!見事合格です。これには普段カメラを向けても硬い表情の夛田君もニンマリです。(笑)
私も内心ほっとしました。実は、この日、午前中に設定した試験は、検査員の私のミスでツールアクセスのできない場所にテスト用のヘコミを作ってしまい、試験をやり直すなどのトラブルがあり午後から再テストとなりました。そして改めて合格となったのです。
でも本当に良かった。この2ヶ月間本当にがんばりました。夛田君と硬い握手をして喜びを分かち合います!

20170527091140.JPG

 

そしてこの瞬間、彼はデントリペア職人となりました。

20170528085915.JPG

20170528085916.JPG

お世話になった鈴木自工のみなさんも彼の門出を祝福してくれました。傍らでいつも頑張っている夛田君のことを、気にかけてくれました。今日も試験の様子を心配そうにみていて応援してくれました。


この2ヶ月お世話になりました。そして温かい心遣い本当にありがとうございまいした。これからも夛田君のことを見守っていただけますようよろしくお願いいたします。

夛田君のデントリペア職人としての人生がここから始まります。 

佐竹


いよいよ大詰め

2017年05月22日更新
いよいよ大詰め

技術研修もいよいよ残り3日となりました。研修の内容はより実践的な施工方法について学んでいきます。

そんな中、この技術研修の最終日には、研修の集大成として検定試験が行われるのですが、今日はその模擬試験が行われました。

試験内容は本番の約半分のボリュームで、指定された時間でヘコミを直してその仕上がりを判定するものです。

20170523141307.JPG

いざ!模擬試験にチャレンジ。
夛田君いつも真剣ですが、今日はいつもに増して真剣です。

20170523141133.JPG

決められた時間内に数か所のへこみをテンポ良く直していきます。本番ではこの倍の数を直さなければいけません。しかもただ直すだけでなく、仕上がりを判定されるので当然キレイになおさなければいけません。

さて結果はどうだってしょうか?

合格です!
必ずしも満足できる点数ではありませんでしたが、ちゃんと合格点をクリアできました。

20170523140814.JPG

夛田君もほっと一安心のようです。研修場所を提供していただいている鈴木自工の従業員の方々も興味津々でしたが、いっしょに喜んでくれたようです。

さあ、あともう少し。いよいよ研修も大詰め。残りの時間を精一杯取り組んでほしいものです。

佐竹


グループルのコツ  デントリペアスクール

2017年05月16日更新
グループルのコツ  デントリペアスクール

 今日はグループリングの練習です。

 これもなかなか奥が深い技術なんです。

 

 一見、ただボンドを貼り付けて引っ張り出すだけの技術に見えますがとんでもない。

 めちゃくちゃ難しいのです。

 

 まずはボンドの温度管理がなによりも重要です。

 ボンドが覚めすぎても熱すぎても引っ張れません。

 適温があるのです。

 その適温は日によっても車種によっても違います。

 これは経験と勘がものをいう世界です。

 しかし、そこをきっちり科学して解明できなければ再現性がないので技術として確立しにくくなります。

20170516175901.JPG

 いつでもどこでも同じような結果になるように安定してひっぱるには相当な練習が必要になってきます。

 1つ目のへこみは

20170516175902.JPG


サイドパネルのへこみ デントリペアスクール

2017年05月15日更新
サイドパネルのへこみ デントリペアスクール

 今日はサイドパネルをメインに練習です。

 水平面ではなかなか上手に直せるようになっても、それが垂直面になるだけでとたんに直せなくなったりします。

20170516171710.JPG

 ドアディンガーの場合、お仕事を頂く8割が垂直面のへこみなのでこの練習は必須です。

 何度も何度も繰り返し練習します。

 今回はドアのコネクターの付け根から工具を入れて修理する練習をしました。

20170516171711.JPG

 次にフロントフェンダーの練習です。

20170516171712.JPG

 しかもプレスラインにへこみを作ってみました。

 さて。直せるかなあー?

20170516171713.JPG

 タイヤをてこにしながら上手に力を加えて直していきます。

 今日はなんと2cmのプレスラインのヘコミ30分のタイムアタックに見事に成功しました。

 なかなかいい感じでカリキュラムが進んでおります。

20170516171714.JPG

 そして午後からは座学です。

 今回のテーマは心理マーケティング。

 心理学を勉強して、集客に生かしていきます。

 

 お客様は大きく分けると「プラス思考」「マイナス思考」の2種類に分ける事ができます。 

20170516171715.JPG

 殆どの企業がお客様の接客パターンやアフターフォローなどに1パターンしか用意してません。

 

 例えば僕がとあるはちみつ屋さんでお買い物をした時のお話。

 おいしいこだわりのはちみつを購入した際に、アンケート用紙を書きました。 

 すると後日、アフターフォローの電話が自宅に入りました。

 「その後、いかがですか?今度はこんなおすすめの商品がありますので・・。」

 電話を切った時の僕のはちみつやさんの印象は

 

 「なんて丁寧なお店なんだ!」 と感動していました。

 

 しかし、また数週間してから同じはちみつ屋さんから同じような営業の電話が入りました。 

 今度はその電話を私の妻がとりました。

 きっと同じようなセールストークの内容だったことでしょう。

 その電話を切った妻の印象は・・。

 

 「なんてしつこい業者だ!二度と買いにいかない。」 と言ってました。

 

 同じセールストークなのにその受け手によっては180度違う結果が出てしまうんです。

 だから接客やアフターは人によって変えなければいけません。 

 さらに細かく見るとその中にも「自立」と「依存」の2パターンがあるので

 全部で4パターンになります。

 

 多田「こんなこと初めて知りました。僕はどちらかというとマイナス思考ですが

    みなさんも同じようなリアクションをするのかと思っていました!

    驚きです!」

 と言っていました。

 

 このようにしっかり考えて行動する事がなによりも大事なのです。

 マーケティングも魚釣りと一緒。

 

 じっくり考えて作った仕掛けが何よりも大事なのです。

 

 ヘコミ救急隊 石原潤一

 


グループル施工のチャレンジ

2017年05月13日更新
グループル施工のチャレンジ

今日のお昼は、天童市での実習を終えた帰りに、寒河江市のもとまち食堂でその名も「ぎっとりラーメン」を食べました。TVで紹介されただけあってお客さんがいっぱい。そしてうまい!さすが舌の肥えた山形県民が認めたラーメン。

20170513152741.JPG

夛田君もしっかり食べて午後からの研修に備えます。

20170513152831.JPG

午後からはグループルを使ったへこみ修理の練習です。
ボンネットパネルを使って1cmのへこみを修理しますが、いままでの裏から押し出す施工とはまったく違った手法で勝手が違います。さて夛田君はどうでしょう。

20170513152832.JPG

 

意外とすんなり施工できている感じです。

どうやらグループル施工は相性がいいみたいですね。

佐竹


左手での施工は苦手...

2017年05月12日更新
左手での施工は苦手...

技術研修もいよいよ後半になり、課題も順調にクリアしてきています。

ここで、一つ課題が。
夛田君は右利き、利き手じゃない左手での作業がうまくいかないようです。これは夛田君に限らず、皆苦手なものです。私もどちらかというとやはり利き手を中心に使って施工しますが、デントリペアは施工場所によってどうしても利き手じゃない方で施工しなければならないシーンがでてきます。その時、「左手がうまく使えないので直せませーん。」という訳にはいかないので、利き手じゃなくともしっかり施工できるように練習しておく必要があります。

 20170512171012.JPG

早速、左手を使ってドアのヘコミ修理の練習をします。右手ではもう普通に直せるサイズのへこみですが、やはりちょっと勝手が悪いようですね。

それでも、きっちり仕上げることができましたが、ちょっと時間がかかってしまいました。

20170512171049.JPG

次は、リアゲートの上部のへこみにチャレンジです。今度もハンドツールを左手に持っての作業です。

20170512154448.JPG

ただでさえも直しにくいパネルですが、苦手の左手での施工です。でも一生懸命に打ち込んでいます。

こうした積み重ねによって、利き手じゃない施工や、厳しい体勢での施工でも安定した仕上がりで修理することができるようになるのです。ガンバレ!!

佐竹


2度目の現場実習 デントリペアスクール

2017年05月11日更新
2度目の現場実習 デントリペアスクール

 今日は2度目の現場実習です。

 ご依頼頂いたのはドア上部のへこみ。

 しかもクリスデントと言って筋が入ってしまった難しいヘコミです。

20170511161647.JPG

 午後に納車だというので朝一番からお伺いしました。

 タイムリミットがあります。 

 非常に緊張感のある良い練習になると思います。

20170511161648.JPG

 多田君のフォームもなかなか様になってきました。 

 デントリペア職人っぽい雰囲気が出始めています。

20170511161649.JPG

 へこみはドア上部のサイドインパクトビームの中です。

 非常に難易度が高い場所です。

 しかもへこみも深い!

 幸いにもちょうど良いサービスホールがありそこからハンドツールをいれたら難なくアクセスできました。

 

 そして、時間内に仕事をおわらせ帰社。

 今日はなんとお世話になっている鈴木自工さんの事務員さんが

 山菜汁を作ってくれました!

 感激です!!

 

 しかもめっちゃおいしかった。

 思わずおかわりをしてしまいました。

20170511161652.JPG

 他にも様々な山菜が出てきました。

20170511161650.JPG

 あまり見たことがない山菜ばかりです。

20170511161651.JPG

 どれもとってもおいしかったです。

20170511161655.JPG

 そして夜は。

 寒河江のお友達をキャンピングによんで車内で宴会をする事にしました。 

 講師の僕はこのスクール期間中はずっとキャンピングで寝泊まりしております。

 毎日がキャンプみたいで楽しいです。

20170511161654.JPG

 今日のメインディッシュは鶏肉のステーキです。

 上手にできてとてもおいしかったです。

  

 さて明日から佐竹さんにバトンタッチ。

 課題はどれだけ進むかな。

 

 ヘコミ救急隊 石原潤一


前のページ  |  次のページ