スマートフォンサイト

アメリカミズリーにデントリペアで出張です

2017年01月22日更新

20170123032336.JPG

今回、アメリカミズリー州に仕事で行ける機会を頂きました。

「アメリカで雹が降り仕事が有るので南雲さん行く?」と本部より連絡があり

自分にとっては突然の話です。が ハイ 行きます!と即答してしまいました。

電話を切ってからあれこれ頭によぎります。

そういえば英語しゃべれない アメリカ行くの初めて 

何より向うで自分が仕事できるのか?・・・ 

しかも一人で行くの?

考えればどんどん不安になっていきます。やはり断ろうか、いや、仕事を用意して

誘ってくれたアメリカの仲間の パッド に悪いな さてどうしよう

思い返せばサラリーマンだった自分が突然デントリペアで自営業になりそろそろ3年目に

なる所でこのお話を頂きました。

デントを始めたころよりアメリカが本場のデントリペアや

雹害修理についてよく話を聞いていて

興味があり何時か行ってみたいと思っていました。

が、まさかこんなに早くその機会を頂けるとは思っていませんでした。

出発の日まで時間が迫っています。

お客様も全部お知らせ出来ませんでしたが

伝えたお客様には、快くご理解を頂ました。いつも本当にありがとうございます。

バタバタの準備で何とかミズリー行きの飛行機に

飛び乗りこの旅の始まりです。

20170123032335.JPG

飛行機に乗って一息着けると思っていましたがやはりアメリカ入国時にトラブル発生

ダラスの入管で言葉がしゃべれない為に立ち往生、広い空港でウロウロ迷子

荷物検査で大渋滞ヒヤヒヤ

乗り継ぎの飛行機に出発ギリギリで

飛び乗りセーフ 何とかパッドがいるカンザスシティー空港に到着。

20170123032348.JPG

パッドの笑顔を見た瞬間ホッとしすぎて全身の力が一気にガクガク抜けた気がしました。

ようやくアメリカの地に立ちこれからが本番、気持ちも引き締まります。

20170123032347.JPG

(でも眠い)まずは、明日よりの仕事に備えパッドの家へ

これからの20日間お世話になります。

20170123032350.JPG

しかしアメリカは何もかもがデカいが第一印象です。

今回は、作業だけでなく現場での技術研修、アメリカでのデントリペア、雹害修理の

状況の視察も兼ねており、日本で雹害現場などに入った時はそれを活かせる様に

個人的には、一つでも多く見て聞いて学んだ物を持ち帰り自分のレベルアップに

繋げる事がこの出張の目的です。

20170123032338.JPG

実際、ミズリー州は、アメリカ大陸の中央付近に

有り山がなく広大な平地(農地)

が続き森と湖が多く点在する土地柄、気候的には、日本の東北に似ていますが土地の

特徴で毎年シーズンになると、どこかで落雷、突風、が発生し雹もあちこちで

降るそうです。

20170123032351.JPG

規模も大きく被害も日本では比べ物にならないほど、

当然車両の被害も尋常ではありません。

その為、デントリペアの需要の大きさは、日本と比較になりません。

当然、多くの職人がこの仕事に携わっています。

20170123032352.JPG

20170123235625.JPG

アメリカで出会ったヘイルマン(雹害を修理する職人の事)

雰囲気有りますよね!

20170123032354.JPG

アメリカの職人の仕事も自分が想像していたよりも丁寧な仕事をしていました。

そのうえで早い、本当にうまいなーという感じです。

(まるでどっかの牛丼の様ですが)

20170123032353.JPG

後ろ姿ですいません今回お世話になったパットです。

普段は茶目っ気のあるやつですが仕事は真剣で作業中は近寄りがたいです。

彼は、日本語が上手で彼のおかげで私も色々な方とコミニケーションを取ることが

出来ました。

パットとは年齢も近く彼が子供の頃は、何年か日本に住んでいたこともあるので

夜は、昔のアニメの話や当時のアイドルを覚えていて話が盛り上がります。

日本の事をよく聞かれます。

雹が降ったらすぐに日本に行きたいと言ってます。

日本が大好きなんです。

20170123032355.JPG

20170123230539.JPG

彼は日本人 ヒデアキです今回途中から合流しました。

北海道北見市在中の和製ヘイルマン

普段は、レストランやバー何店舗も経営している社長さんですが

ヘコミ救急隊で各地の雹害修理の時は北海道から駆けつけてくれます。

20170123032349.JPG

現場や板金工場で一緒に仕事をさせてもらい職人の実際の作業を見ていても

作業の進め方、ツールの取り扱いなど大いに参考になりました。

ただ、施工仕上がりに対するプライドは、日本もアメリカでも職人の意識は大きく

変わらない印象です。

むしろ優れている所も有ると実感できました。

施工車両の扱い、デントリペア以外の内張り脱着などの作業も丁寧に扱います。

アメリカの職人ももちろん大事に扱っていますが

これは文化の違いもありますが日本の職人の方がレベルは一段上だと思います。

20170123032356.JPG

それは、今まで、自分も雹害の修理現場で多くの職人と一緒に仕事をさせてもらい

見てきた事で感じることが出来たのだと思います。

お客様も、デントリペアは、気軽でポピュラーな存在になっており

雹害に限らず修理内容によって板金修理とデントリペアの使い分けがしっかり

できている印象です。

 20170123032357.JPG

もちろんアメリカでも日本と基本的に同じ、保険対応の修理もあります。

保険会社も日本よりデントリペア修理を理解しており仕事が合理的でスムーズに

流れている様です。

このスピード感は、日本でもあってほしいです。

20170123032334.JPG

今回のアメリカ出張は自分にとって作業だけでなくいろいろな面で刺激を受けました。

自分が成長できる物を持ち帰ることが出来たと思います。

デントリペアの職人として成長できるかどう活かせるかは自分次第ですが

次もしまたアメリカに行く機会があり仕事をするチャンスがあるなら

今よりももっと成長して行きたいしその為に

今回の出張で得た事を実践して行こうと思います。

 

今回、出張は、パットとパットの家族、仕事仲間に本当にお世話になりました。

仕事だけでなく休みの日にはアンティークショップやトルーマン大統領記念館

大きなスーパーマーケットなど特にパットのお母さんには、

いろいろな所を案内して頂きました。

20170123235624.JPG

古いアメリカの街並み

20170123230537.jpg

アンティークショップの店内

本場のメジャーリーグの試合も見に行けました。

20170123230536.jpg

20170123230535.jpg

感激です。

出張なので、旅行とは違いますがツアーで行くアメリカではなく

普通のアメリカの家庭(パットの家)に宿泊し普通の生活や文化にに触れることが

出来ました。

20170123235623.JPG

食事一つでもアメリカと日本では少し違います。

コーラがデカい!肉がデカい!

ミズリーはバーべキューが本場です。日本のイメージとは違いますが

そんな違いも実感することが出来ました。

 

出発前よりドタバタ珍道中どうなる事かと思いましたが。

終わってみれば20日間があっという間で短く感じます。

楽しい時間にして頂きました。

パットファミリーに感謝です。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


弘前商工会でヘコミ救急隊について講演しました。

2017年01月13日更新
弘前商工会でヘコミ救急隊について講演しました。

 今回は弘前商工会青年部にお招きいただき、ヘコミ救急隊について講演させて頂きました。

 講演のタイトルは「未来を見据えてチャンスを掴む方法」です。

20170113155243.JPG

 沢山の方にお集まりいただき、だんだん緊張してきましたがステージに立つといつも通りでリラックスしてしゃべれました。

20170113155242.JPG

 話の内容は独立開業物語の続きの部分で、どうやって学生だった僕が全くお金もない、お客様もいないとことから事業を軌道にのせていったのかというお話です。

20170113155244.JPG

 その当時、夢中になってやっていたオートバイのレース活動のお話をしたりもしましたが、ちょっと専門的な話が多かったのか「ややウケ」だったのが反省点です。笑

20170113155245.JPG

 みなさん、60分という長丁場だったにも関わらず最後まで真剣に聞いてくれて私もとても気持ちが入りました。

20170113155315.JPG

 話の中で、ドアディンガーとヘイルマンのお話もしました。

 ヘイルマンが全世界の雹災害を追いかけて世界中を旅しながら仕事をしているお話をしたところ、「本当に面白い仕事ですね!」と懇親会の時にお声をかけて頂きました。

 私もこの仕事は本当に気に入っていて、生まれ変わってももう一度この仕事をやりたいと思っているぐらいです。

20170113155246.JPG

 質疑応答では、様々な角度の質問を頂きました。

 みなさん真剣に聞いていただきながら自分の業界がこんごどうなるのかなど、自分の身に置き換えて考えて頂けたのが良かったと思います。

20170113155247.JPG

  講演会に後は、懇親会で様々な出し物を披露して頂きました。中でもとても感動したのが生の津軽三味線と琴の演奏を聴けたことです。初めてだったのでとても感動してしまいました。
弘前に沢山お友達が出来たので、また遊びに行きたいと思っております。


新川さんのHP用の写真を撮影

2016年12月12日更新
新川さんのHP用の写真を撮影

 今日は新川さんのHP用の写真の撮影日です。

 HP製作会社のスタジオコンチーゴのスタジオで撮影をしています。

20170112071153.JPG

 新川さん、なんだか緊張した顔をしています。笑

20170112071154.JPG

 撮った写真をモニターでチェックします。

20170112071155.JPG

 表情の作り方や立ち方を指導されています。

 さらに緊張感が増していきます!!笑

20170112071156.JPG

 こちらは昨年、先輩方と一緒に雹害車の修理に参加した時の写真です。

 こちらをHPに使う事に決めました。

20170112071157.JPG

 見て下さい。この真剣な表情。

 卒業してから1年。

 立派な職人になりつつあります。

 

 ヘコミ救急隊 石原潤一


新川さんの卒業式!

2015年04月12日更新

20150513155750.JPG

 とうとういよいよこの日を無事に迎える事が出来ました。

 新川さんの卒業式です。

 この日は新川さんのご家族にもお越し頂いて、みんなでお祝いの食事会です。

 新川さんファミリーはシャイなのか、緊張していておとなしいです。笑

20150513160141.jpg

 まずは、恒例の盾の授与から。

 これはヘコミ救急隊の厳しい卒業試験に合格したという卒業証書です。

 自分でいうのもなんですがなかなかセンスが良くてかっこいい。笑

 リビングに飾っておいてもかっこいいと思います。

20150513160142.jpg

 そして、入隊式。

 ユニフォームを授与して正式にヘコミ救急隊に入隊となります。

20150513160143.jpg

 新品のユニフォームを着て、新川さんとても嬉しそうです。

20150513160558.jpg

 さて、料理が運び込まれて宴会が始まりました。

 今回は宮城から佐竹さん、佐々木君。

 神奈川から高橋君。 

 そして練馬から南雲さんの先輩方が新川さんのお祝いの為に集まって来てくれています。

20150513160144.jpg

 まだ緊張が解けない新川さん夫妻。

 大丈夫。お酒が入ればもう少しリラックスできます。笑

20150513160559.jpg

 南雲さん、佐々木君が直近の先輩方になります。

 彼らは開業してから1年半ぐらい経つので、新川さんの少し先を歩いている先輩です。

 いろいろ開業した当時の苦労話を聞かせてもらっています。

20150513160600.jpg

 子供たちは部屋の隅にあつまってゲーム!

 モンハンだったら僕も混ぜて欲しいけどそういう訳にもいきません。笑

 

20150513160602.jpg

 そして宴会もだいぶ盛り上がってきて、余興に入ります。

 先輩方から一言という事でまずは宮城の佐々木君から。

20150513160854.jpg

 続いて東京の南雲さん。

 この日はスキーに行ってたそうで、真っ黒にスキー焼けしています。

 なかなかプライベートも充実してそうですね。笑

20150513160855.jpg

 そして高橋君。

 困難に打ち勝つためのアドバイスをしていました。

20150513160856.jpg

 そして最後に佐竹さん。

 救急隊の理念から関わり方まで、なかなか番頭さんらしい素晴らしいあいさつでした。

20150513160857.jpg

 僕からは新川さんに卒業のお祝いという事で、自作のビデオをプレゼントさせて頂きました。

 このビデオには融資をうける事業計画書をまとまるところから始まり、

 全て新品の工具がそろい、夢と希望に満ち溢れてスタートした日、

 へこみが全く見えなくなって完全に自信を無くしてしまったシーン、

20150513160858.jpg

 毎日通った山形の練習現場、

 初めて直したお客様の車のへこみ、

 本当に緊張した最終試験。

 じーんときて目に涙を浮かべている人もいました。

20150513161114.jpg

 そして最後に新川さんからみんなへの挨拶。

 走馬灯のようにこの2ヶ月間がよみがえります。

 人生の中でも本当に濃い2ヶ月だったと思います。

 とても感動的な言葉で聞いている僕らも感動でボロボロ泣いてしまいました。

20150513161115.jpg

 そして副隊長のめぐから花束の贈呈。

 新川さんを陰で支え続けてくれていた奥様がいたから新川さんは卒業できたのではないでしょうか。

 奥様にも一緒に立ち会って頂きました。

20150513161116.jpg

 そして最後に記念撮影。

 また新たにへこみ救急隊に仲間が加わりました。

20150513161117.jpg

 仕事とはなにか。

 幸せになるために、働く。

 誰のために働くのか。

 それは家族を守るため、幸せにするために働く。

 でもどうせ毎日働くのなら精一杯楽しく働く。

 

 仲間が合っての、へこみ救急隊。

 家族があっての、へこみ救急隊。

 

 そんな事を感じさせられる素晴らしい卒業式でした。

 

 新川さん、本当にご卒業おめでとうございます。

 

 ヘコミ救急隊 石原潤一


いよいよデントリペアスクール最終日!

2015年04月03日更新
いよいよデントリペアスクール最終日!

 いよいよ今日で7週間のデントリペアスクールも終わりです。

 本当に毎日いろいろありましたが、長がったような短かったような。

 内容の濃い7週間でした。

 その集大成といいことで今日は20cmのビックデントにチャレンジ!

20150407161150.JPG

 ルーフの左右に長さ20cmのクリスデントが2つあります。

 

 最後にふさわしいヘコミです。

20150407161151.JPG

 今ま教えてもらった事全てを思い出しながら作業します。

 工具を持つ手にも力がはいります。

 

 始めはソフトツールで押しながら全体的に出して、つぎにクリスの深い部分を少しずつ出していきます。

 

 なんとか2時間近くかかりましたが、無事にへこみを修理しおわりました!

 頼もしいですねー。

 

 新川「いやあー、終わったー!疲れたー!」

 本当にお疲れ様でした。

 最後のヘコミは本当にきつかったですね。

 

20150407161152.JPG

 休む暇もありません。

 お昼休憩をコンビニでしたら午後からとびこみ営業研修です。

 

 ここ数日間で新川さんのセールストークは驚くほど上手になりました。

 もう僕は同行せずに車の中で待っています。

 新川さんは一人で行けるようになりました。

20150407161153.JPG

 でもまだ緊張は取れないらしく、歩いている姿がネジの外れたロボットのようです。笑

20150407161154.JPG

 新川「いやあ!今のところは良かったですよ!

    ちゃんと話も聞いてくれたし、名刺もくれました!」

 どうやら手ごたえがあったようです。

 

 1日の営業実績を営業日報に記入します。

 卒業後はこの営業日報を講師の人たちが毎日チェックして、順調に進んでいるか、

 何か不具合はないか、間違ったことをしていないか、毎日チェックします。

 

 チェック方法は毎日、新川さんにはWeb管理ソフトに営業日報をアップしてもらいます。

 それを講師がチェックして、今日はどんな営業活動をしていたのかを見ます。 

 同時にスケジュールもアップしてもらいます。

 営業の成果でどれだけの仕事を受注できているかをチェックします。

 今までのデータからどれだけ営業活動をすると、どれだけの成果がでるかがが分かっています。 

 それと比較して新川さんの業績は良いのか、悪いのか。

 悪いのならばその原因は何にあるのかを分析します。

 

 せっかく独立したのに、こんな風に管理されてはまるで会社員みたいだよー。

 と思う方も中にはいるでしょう。

 そのようなサポートは不要だと思う方は申し出てくれれば、初めから全て自分で挑戦することも出来ます。

 

 今までの経験ではいつしか自然に営業日報もつける暇もないぐらいに忙しくなり必要なくなる日が来ます。

 ヘコミ救急隊ではこうして徐々に独り立ちしていくんです。

20150407161155.JPG

 新川「いやあ、のどが渇きました!」

 緊張のせいか、車に返ってくると毎回水をがぶのみします。笑

20150407161156.JPG

 これで全ての研修は終了です。

 開業準備でやれることはすべてやりきりました。

 あとはそれをコツコツ続けるだけです。

 

 時には孤独で成果が出ないことに絶望する日もあるでしょう。

 新川さんの「終わりなき旅」は今はじまったばかりです。

 

 遠くを見つめている新川さんの目には何が映っているのでしょうか?

 

20150407161157.JPG

 これからの活躍を期待しています!

 

 ヘコミ救急隊 石原潤一


とびこみ営業研修のスタート

2015年04月01日更新
とびこみ営業研修のスタート

 今日から本格的な飛び込み営業研修の開始です。

 僕も取引がないような業者さんをあえて選んで、とびこみセールスをやっていきます。

 これは本当に度胸が必要ないわゆるザ・営業!です。

 

 はじめに3件飛び込んで見本を見せました。

 石原「はい、次は新川さんだからね!」

 新川「ちょ!ちょ!ちょっと待って!お兄さん!ラッスンゴレライ!」

 

 完璧にパニックになっています。

 石原「もちろん営業のセールストークのロールプレイは暗記してきたよね!?」

20150407155131.JPG

 新川「もう一度、確認させてください!」

 とりあえず、ミニストップに避難です。

 僕がお客様の立場になってあえて意地悪な受け答えをしてみせます。

 

 新川「うううう・・・。」

 

 黙ってしまってはだめです。

 何を言われてもにこやかに爽やかに返すのが営業のコツです。

 

 石原「いい??じゃあ、今度こそ新川さんだよ!」

 新川「はい。わかりました。」

 

 といってあるディーラーに飛び込んでみました。

 すると工場長が「あいつ誰だ!?」的な目をしてちょっと不機嫌そうに奥から出てきます。

 もうそれだけで新川さんの緊張はMAX!!!

 何を話したのかもわからないような状況で店から出てきました。

20150407155132.JPG

 そしてすかさずドライブインに避難!笑

 新川「今の工場長の表情でダメージを受けました!涙」

 

 独立開業したらそんな弱気を聞いてもらえる人は隣にはいません。

 

 今のうちにしっかり練習して打たれ強くなってください!!

 

20150407155133.JPG

 意味不明な絵が新川さんを慰めてくれていました。

 

 ヘコミ救急隊 校長 石原潤一


今日は板橋区のヨコオオートで実作業

2015年03月31日更新
今日は板橋区のヨコオオートで実作業

 今日は僕がいつもお世話になっている板橋区のヨコオオートさんにお邪魔しております。

20150407153534.JPG

 横尾さんからは4台の修理の依頼を頂いているので、2人で手分けしての作業です。

20150407153535.JPG

 新川さんにはパジェロのフロントフェンダーのへこみを担当してもらう事にしました。

 なかなかアクセスが難しく、へこみも深いので難しそうです。

 工具の選択からアクセス方法まで全て自分で判断してもらう事にして僕は店内のNSXを直す事にしました。

 

20150407153537.JPG

 NSXを直し終わって戻って様子を見に来ると、なんだかかなりはまっているようです。

 工具の選択がいまいちなようだったので、僕が使うならこれかなってアドバイスして

 僕は次の車に移動しました。

20150407153538.JPG

 その車も終わって帰ってくるとまだ苦戦している様子。

 少し手助けをして、なんとか修理を終える事が出来ました。

 

 新川「なんだか今日は不完全燃焼ですね。」

 そんな日もあります。

 

 開業当時は毎日が感情のジェットコースターに乗っているようです。

 毎日激しく喜んだり落ち込んだりの連続です。

 

 こうして毎日毎日を精一杯やる事によって一人前の職人として育っていきます。

 

 ヘコミ救急隊 校長 石原潤一


現場での実作業

2015年03月28日更新
現場での実作業

 今日のメニューは現場での実作業です。

 最初から最後まで全部新川さんにやって頂きます。

20150407151514.JPG

 現場に出ると、練習とは全く違ったコンディションになります。

 今日はいきなり屋外での作業です。

 屋外での作業はLEDが見にくいので非常に困難です。

 あらゆる環境の中で作業を完了させなければいけません。

20150407151515.JPG

 ちなみに今日のへこみはこちら。

 ドアの縁の部分の工具が入りにくい場所に、鋭角なヘコミがあります。

20150407151516.JPG

 結局、どこからも工具が入らないので内装をバラスことにしました。

 現場で作業するだけで、緊張感がMAXになり今まで出来ていたことも出来なくなってしまいます。

20150407151517.JPG

 ライトを下置いて上から見るポジションで直します。

 このポジションでしか工具が入らないため、苦肉の策です。

 また、作業していて集中力がMAXの時に限ってお客様がデントリペアに興味があり話しかけてきます。

 完全に手を止めるわけにもいかないので、話をしながら作業を続けます。

 これが中々難しい!

 現場では練習ではなかった想定外の事が次々と起こります。

20150407151518.JPG

 ようやく2時間かけて1個のヘコミの修理を完了しました。

 ものすごく達成感があったので、コンビニに入ってレッドブルで乾杯です。

 新川「すっごい疲れましたー!」

 それもそのはず。

 まる2時間、殆ど集中力も切らすことなく休憩もなく作業していました。

 

 はじめは時間がかかっても徐々に慣れてくると手際が良くなっていきます。

 毎日毎日が勉強です。

 

 ヘコミ救急隊 校長 石原潤一

 


蛍光灯を使ってのデントリペアの練習

2015年03月27日更新
蛍光灯を使ってのデントリペアの練習

 今日は蛍光灯を使ってのデントリペアの練習です。

 今日までずっとLEDのライトを使ってきました。

 LEDにはメリットとデメリットがあります。

 

 メリットは細かいへこみの細部から塗装の肌まできれいに見える事です。

 デメリットは光量の強い屋外ではヘコミが見にくいという事。

 

 実際の現場では、屋外で作業する事も多く、LEDだけでは対応できない場合があります。

 そんな時には蛍光灯を使って作業するのも有効なんです。

 

 様々なシチュエーションを想定していろんな練習をしています。


デントリペアの出張修理同行研修

2015年03月26日更新
デントリペアの出張修理同行研修

 山形での技術研修を終え、今日から東京で実際に現場に出てもらう同行研修です。

 実際に先輩方がどうやって日常の作業をしているのか。

 どんな話し方をして接客をしているのか。

 値段の設定の仕方はどうなっているのか。

 見積もりの出し方は? 

 など現場でしか見れなかったり聞けなかったりした内容を実際に目の前で見てもらいます。

 

 今日は2件の一般のお客様を対応し、実際にへこみ修理をしている様子を見学してもらいました。

 どんな会話をしてから作業にはいるのか、事前に十分にデントリペアの説明が出来ているのか。

 ひとつひとつチェックしてもらいます。

 

 夕方は隊長取引先でもある、所沢のワタナベ自販さんにお邪魔して修理の依頼を頂いたへこみを実際に新川さんに直してもらいました。

20150327172816.JPG

 ここは僕が開業した20年前から大変お世話になった恩師の渡辺社長の会社です。

 「新人を連れてきました!」

 とご挨拶をさせて頂き、早速作業開始です。

 新川さんも今までの練習とは訳が違うので緊張もマックスです。

 なんといってもこれは本当に修理の依頼が来たお金を頂いているへこみです。

20150327172817.JPG

 1時間かかりましたが、3cmのシャープデントを見事にきれいに直しました。

 新川「僕が直したへこみでお金がもらえたんですね。なんかちょっと自信になります。」

 

 こういった細かい自信を積み重ねて一人前の職人になっていきます。

 

 今日は実際に現場に出る事がすごくリアルにイメージ出来たと思います。

 

 ヘコミ救急隊 校長 石原潤一

 


前のページ  |  次のページ