デントリペアスクール ヘコミ救急隊 メディア掲載事例

メディア掲載事例

ヘコミ救急隊が『The 911 & Porsche Magazine No.44 2005年春号』で紹介されました

The911 & Porsche 2005年春号に掲載されました
以下、取材内容をご覧下さい
デントリペア
何かと細かい工程を追わなければならない板金塗装。しかし、小さいヘコミであれば板金塗装に出すまでもなく直る方法がある。それがデントリペアだ。特有の手技が必要になるデントリペアであるが、果たしてその業はポルシェのボディをどこまで復元させることができるのか。

小さなヘコミにはデントリペア

ボディに関する悩みは様々であり、事故などで大きく破損してしまう場合もあればちょっとした弾みでついてしまった傷やヘコミもある。隣に停まっていた車にドアをぶつけられてしまったり、飛び石によってなど気づかぬ内に小さなヘコミがついてしまったりする。

さぁ、愛車にヘコミを発見してしまった貴方はどこに修理を依頼をするのだろうか。

ヘコミを板金塗装専門店に修理依頼する場合、まずその部分を均等に削り、溶接をしたり、パテを塗り平面に修正する。その後、研磨してひずみを取り、塗装を施す。と、一般の板金塗装では時間も費用も掛かる工程を追わなければならない。小さなヘコミなのにそれほどコストは掛けられない、という人も多いのではないだろうか。だからといってヘコミを放置していたら気になって仕方がない。

早い、安い、キレイ デントリペアのメリット

デントリペア
デントリペアではこのような棒状の工具を使用し、作業を施していく。ヘコミを押し出すためのプッシュツール(左)と、ひねり出す役割をするツイストツール(右)を主に使用する。これらには100近くの種類があり、ヘコミの状況によって使い分ける。

そこで、安価で手早い修理をする方法が「デントリペア」である。これは、デントツールという棒状の工具を使用してボディの内側から力を加え、徐々に元の形状に戻していくというもの。例えば、ドアのヘコミを直す場合には窓の隙間に挟み込んだデントリツールという工具に梃子の原理で力を加えていくのだ。デントリペアは10年ほど前にドイツで開発された技術がアメリカを経由して日本に伝わり、現在では数え切れないほどの専門店が存在する。日本の板金技術用語では「揉み出し板金」というらしい。ヘコミの具合にもよるが繊細な力加減により、押し出したり、ひねり出したり時には出しすぎてしまったボディを叩いて戻したりする。板金塗装においても同じことが言えるが、やはりこれはプロの熟練の技が修理に出来栄えを左右する。

板金塗装と大幅に違う点は、「安価、短時間、塗装不要、損傷箇所のみの施行」などである、その中でも一番のメリットは「費用と時間の節約」ではないだろうか。一般的な板金塗装専門店だと5万円掛かる修理であってもデントリペアであれば1万円台からの修理が可能なのである。さらに、板金塗装では修理のために長期間車輌を預けなければならない場合が多いが、デントリペアではその場で作業が行われ、ほんの数十分での修理も可能だ。

デントリペアには塗装修理が含まれないが、塗装の割れや剥れがなければデントリペアのみで修理が可能なのである。今回の取材先であるヘコミ救急隊では、電話1本で出張修理をしてくれるそうだ。ヘコミができたGT3を修理していただいたのであるがその作業は僅か10分程度で終了した。仕上がりは、ヘコミがあった箇所が判らなくなるくらいのきれいなものであった。ポルシェは全体的に湾曲しているため、例えばドアの湾曲部の天辺では通常のデントリツールでは深くまで入らず別の工具が必要となるようだ。

デントリペアのプロが提言する板金修理の秘訣

デントリペア
デントツールを使い、微妙な力加減でヘコミをピンポイントで押し出す。熟練された技と勘が要る作業だ。

何か故障があった時、オーナーとしては車輌を購入した店で修理を依頼しようと思うかもしれない。「オーナーの依頼先としてディーラー、中古車ショップ、板金塗装専門のどれかを選ぶことが多いと思います。しかしどの選択肢における修理先もそれぞれの仕事内容や概念が異なるため、板金塗装の方法や仕上がり、金額には大きな差が出てきます。」と石原社長は言う。そこで、石原社長に「板金修理の秘訣」なるものを聞いてみた。

「まずはディーラーに修理を依頼する場合。ディーラーはメーカーの看板を背負っているため、修理に完璧さを追求します。オーナーにはきっちりとした仕上がりを期待させるのですがディーラーには、疑わしきは交換、という理念があるため、修復可能だと思っていたヘコミや傷でもパーツごと交換する場合がよくあります。ですから周知の通り、ディーラーの修理費用は高くつくのです。次に中古車ショップでの板金塗装は如何でしょうか。中古車ショップでの修理のメリットは、とにかく安くて仕上げてくれること。ただ自社で板金塗装設備を持っている店もあれば、外注に出す場合もあります。どちらにせよ、中古車ショップの場合、高いコストパフォーマンスを求める店が多いこともあり、仕上がりに関しては店によってまちまちです。」 ディーラーも中古車ショップも車輌の販売を専門としているためボディの修理を依頼するには少し頼りないところがあるのだという。

「次に板金塗装専門店はどうでしょうか。ボディの修理のことだから、ここに持ち込むのが一番賢く安心できる選択だと言えます。しかし、どの板金塗装専門店も、その看板からはその実力が如何なるものかが判らないのが現実。腕を判断するには評判や口コミに頼るしかないのかも知れませんね。」いずれにせよ、板金塗装には確かな情報の入手と良質なショップを選ぶことが重要である。


ヘコミ救急隊が『GooWorld 関東版 2006年12月号 Vol63』で紹介されました

GooWorld 2006年12月号に掲載されました
以下、取材内容をご覧下さい
ヘコミ救急隊・関東本部
GooWorld デントリペア取材内容
もともとはバイクレースの参戦資金を捻出するためにデントリペアを始めたという石原さん。通常、出張する範囲は関東近郊だが、そのウデを頼り、なんと沖縄からの依頼があったことも。この日はカスタムされた愛車のシボレーC1500で登場。

ひとつのヘコミがトラブルのもとに!

クルマを手に入れたときの状態がきれいなほど、キズついてしまったときの落胆もまた大きいもの。しかしヘコミは、小さくても板金すると意外に費用がかかるため、そのまま我慢して乗っている人も多いのでは?そんなときに役に立つのが、パネルのヘコミを低コストで直すデントリペアだ。

デントリペアのメリットは、修理にパテや塗装を使わないこと。そのため、板金塗装に比べ作業時間が短くて済み、コストも安い。またオリジナルの塗装を保つことができるのもポイント。

塗装面にキズが入っていなければ、修理後の跡はまったくと言っていいほどわからない。つまり、クルマを手放すときの買取り査定にも影響がないのだ。ヘコミをつけたまま、イヤな気持ちで乗り続け、さらに手放すときにマイナスになるよりも、早めにデントリペアで直してしまうことは、精神的にも経済的にもメリット有りと考えられるだろう。

ヘコミが消える!?

デントリペア・ヘコミ救急隊

今回、そのワザを披露してもらった「ヘコミ救急隊」の石原さんは、今から9年前にデントリペアの技術を取得したのち、ヘコミ救急隊を設立。現在では自らがデントリペアのスクールを開講して日本でデントリペアを普及させようと努力している人物だ。

労働災害における経験則のひとつに、ハインリッヒの「法則というものがあります。これは、ひとつの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背後には300の異常が存在するというもの。小さな異常が積み重なると必然的に重大な事故が起きてしまうのです。僕はクルマも同じだと考えています。小さなヘコミひとつによってオーナーの気持ちがクルマから離れ、洗車の回数も減ってメンテナンスもおろそかになる。ボロボロのクルマは、運転も乱暴なことが多い。逆に、キズひとつないクルマは無理な運転はしない。ですからデントリペアでヘコミを直すということはいろいろなメリットがあるだけでなく、最終的にはお客さまの安全にもつながると考えています。」

ボンネットのヘコミが消えた!

いちばん左の写真を見ると、ボディに写りこんだ蛍光灯の光に、影ができているのがわかるだろう。これがヘコミ。それが作業を開始してからわずか数分で、中央の写真の状態にまで回復。蛍光灯が反射した光の右側がわずかに乱れるくらいで、肉眼ではほとんどわからなくなってきた。ここで、石原さんはよりヘコミがわかりやすいように蛍光灯の位置を変更、慎重に仕上げにかかる。そしてわずか5分ほどで作業は完了。写真右のようにヘコミはまったく見えなくなってしまった!

デント(ヘコミ)リペアの様子

ヘコミ1つでも出張してくれる

ショップにクルマをあずけることなく、自宅の駐車場などまで出張して作業してくれるのもデントリペアのメリットのひとつ。もちろん、ヘコミひとつからでも出張OK。料金については下記の表を参考にしてもらいたいが、まずは問い合わせして見積もりを取ってみることをオススメする。

キズの大きさ ドア・フェンダー ボンネット・トランク アルミパネル
1円玉大 1万6000円 1万8000円 2万1000円
10円玉大 2万1000円 2万3000円 2万5000円
500円玉大 メールや電話でお問合せ

デントリペアに関する5つの質問

修理時間はどのくらいですか?
修理に必要な時間はヘコミの場所によって変わってくる。たとえば、今回のようにパーツを外すことなく工具が届く場所や、ドアなどは数十分で終わるものの、ルーフやリヤのフェンダーなど、どうしても内装などを外す必要があるケースでは、2時間ほどかかることもある。
バンパーは修理できますか?
残念ながらデントリペアでバンパーのヘコミを直すことはできない。デントリペアができるのは、鉄やアルミといった金属部分で、ウレタン樹脂やFRPの修理は不可能。また、鉄部分でもピラーやドアの端部分といった工具が届かない部分についても同様だ。修理の可否についてはまずは相談を。
塗装にキズが入っているのですが?
デントリペアでは塗装をしないため、塗装についたキズは直らないものの、パネルもヘコミを直すことは可能。そのあと、板金屋などで補修塗装を依頼すれば、ほとんどパテを使う必要はなくなる。ただしヘコミの形状や深さによっては、塗装のキズとともに若干のヘコミが残る場合もある。
修理後、日にちが経つと仕上がりが変わりますか?
デントリペアでは、パテや塗装を使わないため、補修部分が経年変化することはほとんどない。ただし、ヘコミがあまりにも広かった場合、鉄板が伸びてしまっているおそれがある。こうしたケースではたとえば洗車などで補修部品に力が加わったときに、またパネルがへこむ可能性があるという。
上手な職人さんを見分けるには?
手作業で行われるものだけに、職人によってデントリペアの仕上がりには違いがある。そこでよい職人と出会うためのコツを石原さんが教えてくれた。「裏側にじゃまなものがないパネルのヘコミを、どれぐらいの時間で直せるか聞いてください。5~10分なら上手な職人といえるでしょう。