スマートフォンサイト

卒業後に独立するために

デントリペアスクール 卒業後に独立するために

私はデントリペアに限らず、どんな仕事でもこの6つのサイクルを怠っては成功は難しいのではないかと考えています。

1. 勉強

独立に必須な経営の勉強

独立開業される方の殆どが技術は勉強しますが、経営の勉強はしていないように思います。パン屋さんやエステティシャンなど、どうやったらおいしいパンが焼けるか、どうしたらリラックスしてきれいになってもらえるのか等の技術は必死になって磨きますが、それよりももっと大事なのが会社を経営するノウハウだと私は考えています。ところが独立開業する殆どの方がこの経営の勉強を怠る為に、開業してから3年間持続して経営できる会社は全体のわずか2割だそうです。その開業に失敗方やその付近にいる方が、「独立開業なんてそんなに甘いもんじゃないよ。」とネガティブなキャンペーンをあなたの周りでしているのではないでしょうか。そうなんです。そんなに甘いもんじゃないんです。技術を磨いた後に必死になって経営も勉強して初めてあなたの事業は軌道に乗るのではないでしょうか。

2. 準備

そして次に必要なのが綿密な準備です。まずあなたが開業しようと思っている地域にどれだけの潜在顧客がいるのか?またライバルは何件ぐらいいるのか。彼らの実力はどのくらいなのか。これらの下調べが非常に重要です。この下調べの結果「勝てる」と判断した場合のみ開業に向かうのですが、ここからが勝負になります。ただでさえあなたのライバルはキャリアも経験もある中で、新規参入者としてその市場に乗り込む訳です。その格上のライバルに勝つにはそれなりの戦略が必要になります。あなた特有の武器は何なのか。「デントはあなた以外に頼みたくないよ。」とお客様に言わせるためにはどんな準備をすればいいのか。「良い仕事をして丁寧に対応していればお客さんはとれます。」という方がいますがそれは最低のレベルのサービスだと思います。あたなのヘコミを直すという技術以上に感動する何かを演出する事によってお客様はあなたのファンになり、あなたに仕事を依頼するようになります。魚釣りと同じで開業前にその仕掛け作りが何よりも重要だと私は思います。


3. 実行する

いよいよ開業し、マーケティングの仕掛けの準備も出来ました。しかしそれを実行するのは更に大変です。というのは日中のあなたは忙しくヘコミ修理に追われているので、来週から始めるキャンペーンのチラシの作成の時間は帰宅してご飯を食べてからになります。でも忙しかった日ほど帰宅後のビールはおいしいものです。(笑)「チラシは明日にしよう」といっているうちにキャンペーンの準備が間に合わずに、企画していたマーケティングが実行されずに終わってしまうのです。それでも自営業者の社長であるあなたは誰からも怒られたりはしません。しかしそうしているうちに業績はジワジワと下がっていくものです。自営業者は誰よりも自分に厳しくなければ勤まらないのです。


4. 統計を取る

独立に必須な経営の勉強

これをやっている経営者とそうでない方には雲泥の差がつきます。やっていそうでやっていないのがこの統計をとるという行為です。例えば、DMをお客様に郵送するときに何件に送って何件の仕事の依頼が来たのかを計る必要があります。私の場合はその反応率は平均6%です。この数字は広告の世界では桁外れに良い数字です。通常は0.01%程度だそうです。この反応率は私が研究に研究を重ねて出せるようになった数字です。例えば1600件の顧客リストにこのDMを郵送したとします。私の場合は反応率が6%ですので、郵送してすぐに96件の仕事の依頼があります。これを平均的な金額に換算すると約76万円になるのです。ということは私はこの1600件のリストを持っている事が現金76万円を持っているのと同じくらいの価値があることにあるのです。これが明日が常に分からない自営業者の心の安定につながるのです。


5. チャレンジ

ここが非常に難しいポイントです。ある程度生活が安定してくると、そこで満足して売り上げが上がらなくなります。大事なのは常に目標をもつという事です。ここで自分で自分を律して高い目標を持ってこそ次のステージに行けるようになります。「いやいや、私はそんなに沢山お金はいらないです。毎日食べられればそれでいいんですよ。」という方はその仕事の質を上げる事にチャレンジしてみてください。毎月の売り上げが半分の時間で上げる事ができるようになればその時間を家族サービスに使うことが出来るようになります。私の経験上、自営業者の人生は下りのエスカレーターを駆け足で登っているようなイメージだと考えています。あなたがチャレンジを辞めた瞬間にジワジワと売り上げは下がってしまうでしょう。


6. 勉強

そしてまた最初の1.勉強にもどるのです。私は今、ソフトバンクアカデミアという孫正義さんの後継者を育てるビジネススクールに通っていますが、彼ほどの経営者でも未だに勉強する事をやめていません。その勉強量はすさまじいものがあります。今、時代はものすごいスピードで動いています。テクノロジーの進歩もすごいスピードです。5年前まで成果のあったマーケティングの手法があっという間に古くなってしますのです。地上最強だった恐竜が絶滅したのは急に来た氷河期の寒さに耐えられなかったという説があります。その寒さに対応できた哺乳類がその後の地上を制する事になります。どの時代でも生き残れるのは変化に強い企業です。その為には、日々時代の風向きはどっちに吹いているのかを研究し、それに合ったマーケティングをするために勉強する必要があるのです。

卒業後に独立するために